,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  top▲

期待とか不安とか。

ぁ、こんにちは、ねここです。こと、ゆうりです。本名です。
最近はリアの関係でお互いのことを書くことが多いんで、本名をプロフに晒しました。まぁ、たぶんこれから本名で呼び合うことも多いと思うので、覚えててくれると助かりまつ><

また、テンプレかえまつた。なかなか自分的にはお気に入りでs(

 

あきぉ?知らなぃよ




それでは、あきぉが我が北海道、札幌市にやってくるまで1週間を切ったということで、たまには私のそれに対する期待やら不安やらのお話、赤裸々に綴ってみたいと思います!(

聞きたくないよとか言わないで!


私の悩みを最後まで聞いてくれるっていう優しいヒトは、続きをどうぞ。
更に更に優しいヒト、コメントもどうぞ(殴









えぇっと、突然ですが、私は弱虫です。 知ってるとか言わないで!

蛾を見て本気で悲鳴を上げます。

関係ないね
 
ついでに言うと、泣き虫です。(

弟にアイスをとられて泣きます。

また関係ないね


特に恋愛?って書くと恥ずかしい・・・に関しては、涙脆い上に傷つき易かったりで。
一度めいぽでも、やぅさんの一言で大泣きしたりして迷惑をかけちゃったり。
ほんとにすいません;




でも、実はそういういろんなコトにも、理由があります。(ここらへんからマジメに。
知ってるヒトも多いかと思いますが。私には大好きな人がいました。
いつかのバトンに書いたような気がするけど、一番最初の恋人です。
なんて恥ずかしいこと晒してるんだ、コイツ。とか思わないでください。
そのころは、いつか捨てられるとか、そんなことまったく考えてなくて、ずっと大好きな人の暖かさに包まれていられると思い込んでました。
子供だったんですねえ・・・。今だとそう思います。
ただ漠然と、夢見る乙女でいられたころのお話です。


私のコトだけを大事にしてくれて
私のコトだけを正しいといってくれて
私の都合の悪いコトすべてを否定してくれた。


その状況が、どうにも心地よくて、疑うことなんかすっかり忘れていました。
(とはいっても疑ってばかりいましたが、きっと本気で疑ってなんかなかったんです。本当は信じてたんだと思うんです。)

そのヒトのことを書き始めると、このまま朝まで書きつづけられそうなので、ちょっとこのあたりでやめておきますw笑 


そんな、子供っぽくて脆い愛を共有して満足していた私とそのひと。意外と、2年と半年、その関係は壊れませんでした。生きてきた年数が短い私たちには、2年半は長いです。その間、一緒に仲良く過ごしました。

・・・涙がでてきちゃいます。思い出しただけで。すごく幸せでした。

でも、2年半、ということは、2年半後にお別れがきてしまったってコトだから・・・
なにも知らなかった私は、その関係をより確実なモノにしようと、相手を疑って、試すことばかりしていました。
それもきっと原因になったんだと思います。

ある夏の日、ずっと相談相手になってもらっていた、親友だと思ってた女のコに、半ば盗られるようなカタチで、私の恋は終わりました。

怖かったです。ずっと一緒にいられると思い込んでいたから、いなくなるなんて思ってなかったから。
毎日泣いてばかりで、学校にもいけなくなって・・・その時初めて、自分にとってそのひとがどれほど大切だったか気づかされた、そんな感じでした。むしろ、依存しすぎていたというのも確かだと思います。歌詞とかによくある、ありきたりなパターンです。ありきたりだといってバカにしていたそれが、自らにふりかかったとき・・・自分の浅はかさを感じました。

今書いた内容は、ちょうど2年ほど前の話になります。
それでも、覚えています。つらかったことばかりが、思い出して夢にもでてきます。
楽しいことがたくさんあったはずなのに、先に忘れていくのは良いことばかりで。

そのあともなんとか学校にいけるようになって、(1人が不安だったというのもありますが)恋人もできました。
むしろそんな理由で恋人を作った私が最低だと思うヒトもいるのでしょうが・・・
でも、どうしても信じられなくて、不安で、怖くて・・・相手には悪いと思いながらも、信じきることがどうにもできませんでした。

それは今も同じです。
信じよう、と思っても、怖い。
あきおが何か優しいコトバをかけてくれてるのに、つらくあたってしまったり、そういうこともあります・・・。ごめんね。

「ウソだ。信じない!だってあのひとも、おんなじこと私に言ってくれたもん・・・」


そんな経緯もあって、一週間ないし6日後、好きな人に会うのが怖いです。
いろんな理由をあげて、「嫌われるんじゃないか」「むしろ自分が本当に好きだと思えるのか」なんて、考え込んでしまったり。
そのたびに優しい言葉をかけてくれるあきおには、本当は心から感謝してます。
この場を借りていってみる(

どうにも不器用で、すぐにバカとか言っちゃうんだけどね;;


でも、会わないと何にもはじまらないことは解ってるし・・・とりあえず、6日後には確実に会うんです。さすがにわたしも、ここまで来て逃げはしないから。

でも、30日にあきおが名古屋に帰って、私が再びココに現れるかどうかは、保証できたものではありません。
色んなことに、色んな可能性があるってこと(もちろん良い方向にも悪い方向にもです)を、私は身をもって理解したから。


それでも、不安を抱えながらも会いにいこうと思います。
見なれた札幌駅の風景の中で、聞きなれた声の持ち主に抱きしめてもらえたなら、きっと一瞬でも、昔みたいに心から幸せだと、信じていると思えるような気がするから。

そのあと慣れちゃってからは、また疑うんだろうけどw
それでも一歩前進できると思うんです。


失敗は、したら終わりだけど・・・
恋愛って、失敗が踏み台になってくれるようなコトではないから。



最後に・・・ここまで読んでくれたやさしいひとに、もうひとつだけお願いがあります。


応援してください。



文章がまとまりませんでした。
読み返したら恥ずかしくて投稿できなくなると思うので、このまま投稿します。

(少ししたら、やっぱりはずかしくて消しちゃうかもしれないです・・・)





終。










スポンサーサイト

その他(猫呼) CM(2) TB(0) top▲

COMMENT


 管理者にだけ表示
No.43 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/20(Thu) | - | URL | Edit | top▲
No.46 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/25(Tue) | - | URL | Edit | top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。